blender ブレンダー チュートリアル

Step2-5「Blenderチュートリアル:頂点・辺・面の押し出し(Extrude)」

ここでは、作例のモデルでは使用しませんが、基本的なモデリングの機能である「押し出し」(Extrude)について確認します。「押し出し」(Extrude)は別名「伸展」と呼ばれることもあり、選択部分に新たな頂点・辺・面を追加して形状を変化させる機能です。

作業の流れ

  • 作業モードブレンダーチュートリアル 使い方でCube(立方体)オブジェクトを追加する
  • 作業モードBlender 使い方 編集モードで頂点・辺・面を「押し出し」(Extrude)「領域で押し出し」(Region)を行う
  • もう一つの「押し出し」(Extrude)「個別に押し出し」(Indivisual Faces)について
  • 選択面による「押し出し」(extrude)部の違い
Sponsored Links

作業モードブレンダーチュートリアル 使い方でCube(立方体)オブジェクトを追加する

作業モードを「オブジェクト・モード」で3Dカーソ ルを原点に置き (ない場合はShift+Cで原点へ移動できます)、「Infoエディタ」の追 加>メッシュ>Cube(立方体)で追加するか、ショートカットキー「Shift+A」の追加メニューからCube(立方体)オブジェクトを追加します。

フロントViewはこんな感じです。

Step2-5「Blenderチュートリアル:頂点・辺・面の押し出し(Extrude)」

※なお、Blender起動直後のシーンに配置されているCube(立方体)オブジェクトを利用してもよいです。

作業モードBlender 使い方 編集モードで頂点・辺・面を「押し出し」(Extrude)「領域で押し出し」(Region)を行う

作業モードをBlender 使い方 編集モードに変更し、頂点・辺・面の「押し出し」(Extrude)を行うには、Blenderにはいくつかの方法が用意されていますが、ここでは代表的な2つの方法に触れます。また、「押し出し」(Extrude)にも基本的には2つの種類があり、「領域で押し出し」、「個々に押し出し」などに分かれています。どちらも変化の結果は違えど操作は、以下の2つの方法で同様に行えます。

  • Blender チュートリアル 3Dビューエディタの「ツールシェルフ」の「追加」メニューから行う
  • ショートカットキー:「E/Alt+E」で行う(※手軽でオススメ)

※「押し出し」(Extrude)するには、その他にも方法がりますので、機会があれば、記事にしていきたいと思います。

Blender チュートリアル 3Dビューエディタの「ツールシェルフ」の「追加」メニューから行う

作業モードがBlender 使い方 編集モードであることを確認してから、まずは「頂点」(Vertex)の押し出しを行ってみましょう。Blender 使い方 編集モードで選択モードを「頂点」(Vertex)選択モードにし、Cube(立方体)オブジェクトのいずれかの頂点をマウス右クリックで選択します。作例では上面の内の1つを選択しています。

その状態で、Blender チュートリアル 3Dビューエディタの「ツール・シェルフ」(表示されていない場合は、Blender チュートリアル 3Dビューエディタ上にてカーソルを置き、ショートカットキー:「T」で表示)にて「追加」メニューより「押し出し」に関する項目を探します。いくつかありますが、まずは「領域で押し出し」(Region)を選択します。するとBlender チュートリアル 3Dビューエディタ上でカーソルを動かすことで頂点(Vertex)の移動ができ、伸展させることできるようになります。

Step2-5「Blenderチュートリアル:頂点・辺・面の押し出し(Extrude)」

Step2-5「Blenderチュートリアル:頂点・辺・面の押し出し(Extrude)」

以下は頂点(Edge)の押し出しを「ツール・シェルフ」の「領域で押し出し」(Region)で行い、移動(ショートカットキー「G」)をZ軸で制限し、頂点を伸展させた様子です。

Step2-5「Blenderチュートリアル:頂点・辺・面の押し出し(Extrude)」

以下は辺(Edge)の押し出しを「ツール・シェルフ」の「領域で押し出し」(Region)で行い、移動(ショートカットキー「G」)をZ軸で制限し、頂点を伸展させた様子です。

Step2-5「Blenderチュートリアル:頂点・辺・面の押し出し(Extrude)」

以下は面(Face)の押し出しを「ツール・シェルフ」の「領域で押し出し」(Region)で行い、移動(ショートカットキー「G」)をZ軸で制限し、頂点を伸展させた様子です。

Step2-5「Blenderチュートリアル:頂点・辺・面の押し出し(Extrude)」

ショートカットキー:「E」で「領域で押し出し」(Region)を行う

上記の作例の「領域で押し出し」(Region)は、ショートカットキー:「E」で同様のことが行えます。「押し出し」(Extrude)は、モデリングの際に多様する機能なので、すぐに覚えるショートカットキーではないでしょうか。

もう一つの「押し出し」(Extrude)「個別に押し出し」(Indivisual Faces)について

また、もう一つの押し出しとして「個々に押し出し」(Indivisual Faces)がることに触れましたが、当然、「領域で押し出し」(Region)とは、変化の様子が異なります。どのように違うのでしょうか。

「個別に押し出し」(Invivisual Faces)を行うには「領域で押し出し」(Region)と同様にして「ツール・シェルフ」の「追加」メニューから「個別に押し出し」(Indivisual Faces)で行うか、ショートカットキー:「Alt + E」で表示される「押し出し」のフローティングメニューから「各面」を選ぶことで行えます。

Step2-5「Blenderチュートリアル:頂点・辺・面の押し出し(Extrude)」

Cube(立方体)では、違いが分かりにくいので、Cube(立方体)オブジェクトを削除して、作業モードを「オブジェクト・モード」で3Dカーソ ルを原点に置き (ない場合はShift+Cで原点へ移動できます)、「Infoエディタ」の追 加>メッシュ>UV球(UV Sphere)で追加するか、ショートカットキー「Shift+A」の追加メニューからUV球(UV Sphere)オブジェクトを追加します。

フロントViewはこんな感じです。

Step2-5「Blenderチュートリアル:頂点・辺・面の押し出し(Extrude)」

以下、Yを軸に中央で分けて、左側で「領域で押し出し」(Region)、右側で「個々に押し出し」(Indivisual Faces)をショートカットキー:「E/Alt +E」>「各面ごとに」で行う様子です。

Step2-5「Blenderチュートリアル:頂点・辺・面の押し出し(Extrude)」

※右側の「個別に押し出し」(Indivisual Faces)は、ショートカットキー:「Alt + E」で表示される「押し出し」のフローティングメニューから、「各面ごとに」を選んでいます。

Step2-5「Blenderチュートリアル:頂点・辺・面の押し出し(Extrude)」

Step2-5「Blenderチュートリアル:頂点・辺・面の押し出し(Extrude)」

「領域を押し出し」(Region)は選択した分をまとめて押し出すのに対して、「個々に押し出し」(Indivisual Faces)は複数選択しても、それぞれ個別の方向に押し出すような違いがあるようです。

※今回は、いつもより、作業も早めにキャプチャしてるので、内容が分かりにくいかもしれません(^_^;)。ついでに効果があるか不明ですが、Gifの容量も重く長くなりそうだったので、ファイルを分割してみました。

選択面による「押し出し」(extrude)部の違い

「押し出し」(Extrude)を行うさいに、ショートカットキー:「Alt + E」で「押し出し」のフローティングメニューを表示させた場合、Blender 使い方 編集モードの選択モードが頂点(Vertex)、辺(Edge)、面(Face)と、どの状態であるかによって、作例の押し出し(領域押し出しと個別押し出し)以外にも押し出せる部分が選べます。

頂点(Vertex)選択モードで、ショートカットキー:「Alt + E」で「押し出しメニュー」を表示させた場合

Step2-5「Blenderチュートリアル:頂点・辺・面の押し出し(Extrude)」

辺(Edge)選択モードで、ショートカットキー:「Alt + E」で「押し出しメニュー」を表示させた場合

Step2-5「Blenderチュートリアル:頂点・辺・面の押し出し(Extrude)」

面(Face)選択モードで、ショートカットキー:「Alt + E」で「押し出しメニュー」を表示させた場合

Step2-5「Blenderチュートリアル:頂点・辺・面の押し出し(Extrude)」

Sponsored Links

photo by: ghostcero

コメントを残す