blender ブレンダー チュートリアル

Step1補足「Blenderチュートリアル:ショートカットキーによる4画面分割と各画面への移動」

Blenderの画面分割と統合について、前回の記事では「エリア設定」ウィンドウと「ドラッグ」で行いましたが、ショートカットキーで行う方法もあります。

それでは、「Blenderチュートリアル:ショートカットキーによる4画面分割と統合」について以下。

Sponsored Links

今回の作業で行い確認すること

  1. 通常のシーンを開いて用意する
  2. 画面をショートカットキーで4分割する
  3. 各4画面の概要
  4. 各画面への移動法

通常のシーンを開いて用意する

それでは、Blenderを起動して、シーンを開きます。いつもの通りですね。

「Blenderチュートリアル:ショートカットキーによる4画面分割と統合」

 画面をショートカットキーで4分割する

3Dview上にカーソルを置いた状態で、ショートカットキー「Ctrl + Alt + Q」を押します。

「Blenderチュートリアル:ショートカットキーによる4画面分割と統合」

すると画像のように即座に画面を4分割できます。

各4画面の概要

4つの画面が表示されましたが、左上から時計回りの順番に

  • Top:View
  • Camera:View
  • Right:View
  • Front:View

4つの種類の視点(View)に設定された形で分割されます。

「Blenderチュートリアル:ショートカットキーによる4画面分割と統合」

各画面への移動法

ここで、それぞれの視点(View)上にカーソルを置いた状態で、再びショートカットキー「Ctrl + Alt + Q」を押すと、カーソルが置いてある視点(View)の1画面へ切り替えることが出来ます。再び繰り返すと元の4画面に戻ります。

※以下のキャプチャ画像では、各視点(View)に移動したことが分かりやすいよう、CubeでなくMonkyオブジェクトを利用しています。

「Blenderチュートリアル:ショートカットキーによる4画面分割と統合」

 各視点(View)への移動ができるのは、とても便利ですね。覚えておくと作業に役に立つかもしれません。

Sponsored Links

photo by: ghostcero

コメントを残す