blender ブレンダー チュートリアル

Step1補足「Blenderチュートリアル:3Dカーソルのリセット&3Dカーソルを中心に視点を移動する」

Blenderの視点操作について、「テンキーとマウスによる視点切り替え」カテゴリーの記事で紹介しました。今回は、それ以外にも良く利用する、「3Dカーソルのリセット」や「3Dカーソルを中心に視点を移動する」ことなどについて触れます。

それでは、「Blenderチュートリアル:3Dカーソルのリセット&3Dカーソルを中心に視点を移動する」について以下。

今回の作業で行い確認すること

  1. 通常のシーンを開き、3Dカーソルとその他の区別する
  2. 3Dカーソルのリセット(ショートカットキーによる)
  3. 3Dカーソルを中心に視点を移動する(ショートカットキーによる)
  4. 3DViewのヘッダからのアクセス法、その他の視点操作について
Sponsored Links

通常のシーンを開き、3Dカーソルとその他の区別をする

それでは、Blenderを起動して、シーンを開きます。いつもの通りですね。
Blenderチュートリアル:3Dカーソルのリセット&3Dカーソルを中心に視点を移動する

最初のシーンを開いて、ショートカットキー「A」で全選択状態です。シーンにはCameraオブジェクトとLightオブジェクトとCubeオブジェクトが選択されているのが分かります。

ここで、当たり前のことかもしれませんが、ひとまず、まぎらわしい以下の3つの点の区別しときます。

  • ピボットポイント
  • マニピュレーター
  • 3Dカーソル

上記の各々3つが、一画面に表示されていますが、まずオブジェクトの「ピボットポイント」について。

Blenderチュートリアル:3Dカーソルのリセット&3Dカーソルを中心に視点を移動する

黄色い直線で指示した、オブジェクトの中心にある「変形の際に起点となる黄色い点」が「ピボットポイント」です。(※便宜的にオブジェクトの「原点」も言うこともあるようです。)

次に、選択した、オブジェクトを変形(移動、回転、拡大縮小など)させる際に表示され、変形操作を補助する「ガイドカーソル」を「マニピュレーター」と呼びます。(※初期設定では、「マニピュレーター」は、選択したオブジェクトの「ピボットポイント」の「中点」に設定されています。)

Blenderチュートリアル:3Dカーソルのリセット&3Dカーソルを中心に視点を移動する

※こちらの「Blenderチュートリアル:マニピュレータとピボットポイントについて」も参照下さい。

最後に、「3Dカーソル」についてです。画像では、Cubeオブジェクトの「ピボットポイント」と重なっていますが、白と赤の破線の円形と黒いクロス線で形作られているものです。

Blenderチュートリアル:3Dカーソルのリセット&3Dカーソルを中心に視点を移動する

3DView画面上を「左クリック」することで、移動させることができる点ですね。

3Dカーソルのリセット(ショートカットキーによる)

このままでは、Cubeオブジェクトの「ピボットポイント」と重なっているし、既に「原点」に「3Dカーソル」が置かれているので、3DViewのオブジェクトの何もないどこかを「左クリック」し、「3Dカーソル」を移動します。

(※ここでいう「原点」とは、座標軸の中心です。)

Blenderチュートリアル:3Dカーソルのリセット&3Dカーソルを中心に視点を移動する

3Dカーソルが「原点」を離れました。このようなときに、再び「3Dカーソル」を「原点」に戻したいケースが良くあります。このときに行うのが、「3Dカーソルのリセット」です。

3Dカーソルのリセット」は、ショートカットキー「Shift + C」で行えます。実際に押してみると

Blenderチュートリアル:3Dカーソルのリセット&3Dカーソルを中心に視点を移動する

「3Dカーソル」が「原点」へ再び戻ります。視点も全てのオブジェクトが収まるように手前に若干引かれる形で表示が切り替わります。

この操作も、非常に頻繁に利用すると思われるので、すぐに覚える操作の1つだと思います。

3Dカーソルを中心に視点を移動する(ショートカットキーによる)

「3Dカーソルをリセット」するのと同様に、「3Dカーソルを中心に視点を移動する」こともショートカットキーで簡単に行えます。

3Dカーソルを中心に視点を移動する」には、ショートカットキー「Alt + Home」で行います。

Blenderチュートリアル:3Dカーソルのリセット&3Dカーソルを中心に視点を移動する

これも、知っていると作業の際に役立つ操作の1つかもしれませんね。

3DViewのヘッダからのアクセス法、その他の視点操作について

これまで、「3Dカーソルのリセット」と「3Dカーソルを中心に視点を移動する」ショートカットキーについて触れましたが、もちろん、3DViewのヘッダから同じことが行えます。ヘッダからのアクセス方法を知っていれば、ショートカットキーを忘れても、メニューより行えるし、ショートカットキーも表記されているのでその都度確認できます。

アクセス方法は「3DView  >  ヘッダ  >  ビュー >  視点を揃える 」です。

Blenderチュートリアル:3Dカーソルのリセット&3Dカーソルを中心に視点を移動する

「ビュー>視点を揃える」には、その他にも3Dカーソルやカメラなど視点に関する操作について掲載されているので、知っておくことに損はありません。

今回は触れませんでしたが

  • 「現在の視点にカメラを合わせる(Ctrl + Alt + Numpad 0)」
  • 「アクティブに注視(Shift + Numpad .)」

なども、利用率が高いショートカットキーだと思います。

以上、「基本的なことをわざわざ、なんでこんなにややこしく記事にするのか」という感じですが、管理人にとっては重要だと思いましたので形にしてみました。

※間違い等ありましたら、修正致しますので、そのときはご意見等よろしくお願い致します。

Sponsored Links

photo by: ghostcero

コメントを残す