blender ブレンダー チュートリアル

Step1補足「Blendeチュートリアル:オブジェクトの選択法4(反転、ランダム)」

「オブジェクトの選択・追加・削除」カテゴリーの記事で、基本的なオブジェクトの選択方法について、いくつか触れました。今回は、更に知っておくと便利な選択法である「反転」「ランダム」について紹介します。

それでは、「Blendeチュートリアル:オブジェクトの選択法4(反転、ランダム)」について以下。

今回の作業で行い確認すること

  1. 通常のシーンを開き、UV球を配置する
  2. UV球を選択し、編集モードに切り替え、「反転」選択を行う(ショートカットキーによる)
  3. UV球を選択し、編集モードに切り替え、「反転」選択を行う(3Dビューヘッダからのアクセス法)
  4. UV球を選択し、編集モードに切り替え、「ランダム」選択を行う(3Dビューヘッダからのアクセス法)

※「反転」、「ランダム」選択とも、オブジェクトモードでも行うことができます。

Sponsored Links

通常のシーンを開き、UV球を配置する

それでは、Blenderを起動して、シーンを開きます。いつもの通りですね。

「Blendeチュートリアル:オブジェクトの選択法4(反転、ランダム)」

いつもと違うのは、Cubeオブジェクトではないことですね。初期設定で設定されているCubeオブジェクトを削除して、原点にカーソルを移動 = リセット(Shift + C)して、UV球を追加しています。

オブジェクトを追加した当初にツールシェルフ(Tで非表示を切替え)の下部に表示される、UV球の「オリエンテーションメニュー」は、特にいじっていません。

※ただし、ある程度分割数があった方が分かりやすいので、少ない場合は増やしてください。

「Blendeチュートリアル:オブジェクトの選択法4(反転、ランダム)」

※「オリエンテーションメニュー」とは、オブジェクトを追加したり、何らかの機能を施した初期状態の時のみに「ツールシェルフ」下部に表示されるメニューで、関連するプロパティなどの設定が行えます。

UV球を選択し、編集モードに切り替え、「反転」選択を行う(ショートカットキーによる)

UV球のみを選択し、編集モードに切り替え、選択モードを「面」にし、複数ヵ所選んで適当に選択します。

「Blendeチュートリアル:オブジェクトの選択法4(反転、ランダム)」

この状態で、選択部分を「反転」させるには、ショートカットキー(Ctrl + I)を押します。

「Blendeチュートリアル:オブジェクトの選択法4(反転、ランダム)」

選択部分が「反転」されました。使い方によって非常に便利な選択方法ですので、ぜひ覚えておきたい選択方法ですね。

※今回は、編集モードで行いましたが、オブジェクトモードでも可能です。選択モードも「面」以外の「頂点、辺」でも同様です。

UV球を選択し、編集モードに切り替え、「反転」選択を行う(3Dビューヘッダからのアクセス法)

最初にショートカットキーを紹介しましたが、もちろん3Dビューのヘッダからも同様のことが行えます。3Dビューのヘッダから行うには

「Blendeチュートリアル:オブジェクトの選択法4(反転、ランダム)」

「3Dビュー>ヘッダ>選択>反転」を選びます。

UV球を選択し、編集モードに切り替え、「ランダム」選択を行う(3Dビューヘッダからのアクセス法)

最後に、同じ状態のUV球を用意し、編集モードに設定。

「Blendeチュートリアル:オブジェクトの選択法4(反転、ランダム)」

UV球に「ランダム」選択を行ってみます。選択モードは同じく「面」選択モードですが、何も選択しない状態にします。

その状態のまま、「3Dビュー>ヘッダ>選択>ランダム」を選びます。

「Blendeチュートリアル:オブジェクトの選択法4(反転、ランダム)」

すると、「面」が「ランダム」に選択されました。

「Blendeチュートリアル:オブジェクトの選択法4(反転、ランダム)」

ここで、もう一つ覚えておきたいのが、「ランダム」選択を行った直後にツールシェルフ(Tで非表示を切替え)下部に表示される「オリエンテーションメニュー」の設定項目です。

「Blendeチュートリアル:オブジェクトの選択法4(反転、ランダム)」

こちらで、「ランダム」選択の度合いを「%」で設定でき、調整することができます。

以下、作業キャプチャしたGifです。「%」値を動かすだけでも面白いです。

「Blendeチュートリアル:オブジェクトの選択法4(反転、ランダム)」

※「ランダム」選択のショートカットキーについては、調べましたがよく分かりませんでした。御存じの方がおられましたら、教えて頂けると嬉しいです。

実はランダム選択は、以前紹介した「海外Blenderチュートリアル:モロコシ備忘録」でも使用されています。

具体的には、コーンをパーティクルで生成した際、直線的にコーンが並ぶのを乱すために、円柱(Cylinder)オブジェクトの面をランダム選択し、プロポーショナルエディット機能で、表面を少しだけ変化させています。

「反転」選択と同様、こちらの「ランダム」選択も、「面」以外の「頂点、辺」などにも適用でき、使い方によっては非常に便利なので、ぜひ覚えておきたい選択方法ですね。

それにしても、たまにはGifのない記事ができるかと思ったら、最後に入れてしまった・・・(^_^;)

Sponsored Links

photo by: ghostcero

コメントを残す