blender ブレンダー チュートリアル

Step1補足「Blenderチュートリアル:スナップ機能(スナップメニュー)の種類、基本的な使い方について」

今回はBlenderの2つのスナップ機能の内、スナップメニューについて紹介します。スナップ機能は、座標系やプロポーショナル編集などと同様に、工夫次第で多様な使い方できる重要な機能の1つだと思います。しっかり押さえて活用したいですね。

それでは、「Blenderチュートリアル:スナップ機能(スナップメニュー)の種類、基本的な使い方について」以下。

Sponsored Links

今回の作業で行ったり確認すること

  1. Blenderの2つのスナップ機能について
  2. スナップメニューの表示
  3. スナップメニューの表示(ショートカットキーによる)
  4. スナップメニューについて(種類と基本的な使い方)

Blenderの2つのスナップ機能について

例の通り、http://wiki.blender.orgで調べてみると、スナップ機能には

  • 現在の選択物や3Dカーソルを任意の位置にスナップさせるもの(→ スナップメニューを使用
  • トランスフォーム中に任意のオブジェクトにスナップさせるもの(→ スナップモードを使用

と2種類あるようです。

今回はその内、スナップメニューを使用する方を取り上げて、確認していきます。

スナップメニューの表示

いつものようにBlenderを起動し、通常のシーンを開きます。

まず、スナップメニューを表示してみましょう。スナップメニューを表示させるには、オブジェクトモードでは「3Dビュー > ヘッダ > オブジェクト > スナップ」を選択。

Blenderチュートリアル:スナップ機能(スナップメニュー)の種類、基本的な使い方について

※編集モードでは「3Dビュー > ヘッダ > メッシュ > スナップ」を選択。

Blenderチュートリアル:スナップ機能(スナップメニュー)の種類、基本的な使い方について

  • オブジェクトモード → 3Dビュー > ヘッダ > オブジェクト > スナップ
  • 編集モード → 3Dビュー > ヘッダ > メッシュ > スナップ

スナップメニューの表示(ショートカットキーによる)

ヘッダからアクセスした際にお気づきでしょうが、もちろんショートカットキーも用意されています。

スナップメニューをショートカットキーで表示するには「Shift + S」を押します。

  • スナップメニューの表示 → Shift + S

Blenderチュートリアル:スナップ機能(スナップメニュー)の種類、基本的な使い方について

ヘッダからアクセスしてもいいですが、スナップメニューは頻度の高い機能だと思いますので、ショートカットキーを覚えていると便利ですね。

スナップメニューについて(種類と基本的な使い方)

スナップメニューを表示してみると、以下の7つの種類があり、

  • 選択物 → グリッド
  • 選択物 → 3Dカーソル
  • 選択物 → 3Dカーソル(オフセット)
  • カーソル → 選択物
  • カーソル → 原点
  • カーソル → グリッド
  • カーソル → アクティブ

大きく分けて選択物カーソルに関する項目があることが分かります。

例の通り、各項目についての説明を以下にhttp://wiki.blender.orgより一部引用させて頂きます。

選択物をグリッドに
現在の選択オブジェクトを最も近いグリッドポイントにスナップします。

選択物をカーソルに
現在の選択オブジェクトをカーソル位置にスナップします。

カーソルを選択物に
カーソルを選択オブジェクトの中心にスナップします。

カーソルを中央に(原点に)
カーソルをグリッドの中心に移動します

カーソルをグリッドに
カーソルを最も近いグリッドポイントに移動します。

カーソルをアクティブオブジェクトに
カーソルをアクティブなオブジェクトの中心に移動します。

※掲載に問題がある場合、ご連絡ください。

選択物 → 3Dカーソル(オフセット)については、情報が出てこなかったのと、管理人がよく分かっていないので、省きます。実際に試したり、機会があれば調べて追記できればと思います(^_^;)

以下、選択物 → カーソルの例

以下キャプチャGifは、オブジェクトモードにて、3Dカーソルをあらかじめ「Shift + C」で原点に移動し、Cubeオブジェクトを選択、原点にある3Dカーソルの位置に移動する様子です。

Blenderチュートリアル:スナップ機能(スナップメニュー)の種類、基本的な使い方について

以下キャプチャGifは、編集モードにて、3Dカーソルをあらかじめ「Shift + C」で原点に移動し、Cubeオブジェクトの頂点を選択、原点にある3Dカーソルの位置に移動する様子です。

Blenderチュートリアル:スナップ機能(スナップメニュー)の種類、基本的な使い方について

以下、カーソル → 選択物の例

以下キャプチャGifは、オブジェクトモードにて、3DカーソルCubeオブジェクトのピボットポイント(オブジェクトの中心)の位置に移動する様子です。

Blenderチュートリアル:スナップ機能(スナップメニュー)の種類、基本的な使い方について

以下キャプチャGifは、編集モードにて、3DカーソルCubeオブジェクトの頂点の位置に移動する様子です。

Blenderチュートリアル:スナップ機能(スナップメニュー)の種類、基本的な使い方について

任意の位置にカーソルを移動したり、選択物をカーソル位置に移動したりなどは、良く行う操作だと思います。ちょっとしたことですが、スナップメニューを知っているのと知らないとでは、作業効率に雲泥の差が出るので最低限押さえておきたいですね。

※毎度ですが、問題や間違い等ございましたら、修正・追記等行っていきますので、ぜひご指摘お願いします。

公開:2014-05-23 01:47
最終更新:2014-05-23 01:47
作業環境:Blender 2.70 64bit

Sponsored Links

photo by: ghostcero

コメントを残す