Blenderチュートリアル

海外チュート備忘録:芝生(パーティクル)を作成する~形状と色合い調節あれこれ~

例の通りチュートを消化したのでメモ。内容はThe Nature Academyより。

※注意※個人的な備忘録。作例と詳細異なる部、多々あり。またいつにも増して分かりにくいです。(部分部分飛んでる)

Sponsored Links

 以下、大まか。順番通りにしても同じ画面にはならないと思うので各自補完を。
土台として、プレーンを追加し、スケールで拡大して(S,5)、Subdivide(Tab,w>Subdivide,5回)。

Blenderチュートリアル

モディファイア:Subdivision Surface&ディスプレイスメントで、表面にちょっとした凹凸をつける。(※処理が重くなるだけなので、平面のままでもいいか)

↓ディスプレイスメントのテクスチャ。Type:Clouds。Colors&Clouds項目をいじって作成。

Blenderチュートリアル

で、↓こんな感じの土台を用意。

Blenderチュートリアル

オブジェクトを選択して、プロパティエディタから、パーティクルを追加。

Type:Hair,Advancedにチェック。

bandicam 2014-09-12 02-02-48-828

Emission:Number:8000(※作業環境に合わせて)。増える。まるでブラシのよう↓

Blenderチュートリアル

Emission:JitteredをRandomに。ちょっとだけ自然な感じに変化。

bandicam 2014-09-12 00-40-15-279Blenderチュートリアル

Velocity:EmitterGeometry>Normalで基本的な長さを。いっきに短くなりました↓

Blenderチュートリアル

Display:100%から任意の%へ、作業画面の表示を絞ります。(※作業環境に合わせて)

Blenderチュートリアル

さびしい感じに↓

Blenderチュートリアル

Children:Display,Renderでさらに発生する数を増やします。(※Render:30なら、Emission:Numberの8000×30=240000)Display:10,Render:30

続いてEffects:Clump,Radiusで発生する基本的な形状を。

Roughness:Endpointで葉先などを散らしたり、Shape、Random,Sizeなどで散らばりの加減を。

Blenderチュートリアル

形や生え方に変化が↓

Blenderチュートリアル

Physics:Forces>Brownianも。(※少し手を加えるだけで、大きく変化します。これあんま触ったこと無かった)

Blenderチュートリアル

Render:Strand Renderにチェック。発生元のエミッターと芝生(パーティクル)のマテリアルを分けます。

Render:B-Splineにチェック。発生するパーティクルの滑らかさを指定します。(Steps:3)

Blenderチュートリアル

Strand Renderにチェックしたら、土台と草のマテリアルをマテリアルエディタで作成して指定します。↑図では芝生のマテリアルであるGrassをドロップダウンリストから選択しています。

Blenderチュートリアル

続いて、Grassマテリアルの詳細を設定していきます。基本色のディフューズ、スペキュラーの強さ、色、シェーディング、場合よってはトランスパレンシー項目などを設定したら、Strand項目でさらに細かな形状を指定します。

Strand:Blender Unitsにチェック、Size>Root(根本),Tip(葉先),Minimum(最少),SurfaceDiffuse>Distanceの値をマテリアルプレビュー画面を参考にしながら調節します。(HairStrandsに切替え推奨)

Blenderチュートリアル

Blenderチュートリアル

(※特にここの設定でパーティクルの形状が大きく変化するような気がします)

作業画面はこんな感じ↓

Blenderチュートリアル

続いて、芝生マテリアルの基本色を暗~明るい部分で変化するようにテクスチャを追加し設定していきます。芝生(Grass)マテリアルを選択した状態で、テクスチャエディタに移動し、新規作成します。

Type:Blend、Colors>Rampにチェックし、変化する色のグラデーションを指定します。

 

Blenderチュートリアル

葉先が明るく、根本に従い暗くなるようにするため、Mapping:Cordinates:GeneratedからStrand/Particleに変更します。

Blenderチュートリアル

そうするとこんな感じに↓。

Blenderチュートリアル

(※うわぁ~こうやって色合いを変化させるんだな~と。知れてよかったと思った。)

以下Mapping:Cordinates:Generated時↓

色は変化してるけどさ・・・(^_^;)

Blenderチュートリアル

 

以下Mapping:Cordinates:Strand/Particle時(サムネの俯瞰図)↓

しっくり!!なんか、量が減ってるきがするが・・・。

Blenderチュートリアル

ちなみに拡大&横からの図↓

根本から葉先にかけて、明るさに応じて、色が変化してるのがわかります。(茶色っぽい緑~黄緑色)

Blenderチュートリアル

以上。要点ということで。※表記ゆれがすごい・・・(^_^;)

上記内容は、The Nature Academyのチュートの備忘録です。素晴らしいオリジナルチュート作成者に心からの感謝を。

Sponsored Links

コメントを残す