blender ブレンダー チュートリアル

Step2-2「Blenderチュートリアル:ループカットとスライド(LoopCut and Slide)について」

ここでは、Step2-1「Blenderチュートリアル:簡単なキャラクターモデル作成の流れ」の中で登場した「ループカットとスライド」(LoopCut and Slide)という機能でメッシュを分割する方法を確認します。

  • 作業モード「オブジェクト・モード」でCube(立方体)オブジェクトを配置
  • 作業モード「編集・モード」で「ループカットとスライド」(LoopCut and Slide)を適用
  • 「オリエンテーション・メニュー」とマウスホイールの回転による分割数の変更
Sponsored Links

作業モード「オブジェクト・モード」でCube(立方体)オブジェクトを配置

作業モードを「オブジェクト・モード」で3Dカーソルを原点に置き(ない場合はShift+Cで原点へ移動できます)、「Infoエディタ」の追加>メッシュ>立方体で追加するか、ショートカットキー「Shift+A」の追加メニューからCube(立方体)オブジェクトを追加します。

Step2-2「Blenderチュートリアル:ループカットとスライド(LoopCut and Slide)について」

※なお、Blender起動直後のシーンに配置されているCube(立方体)オブジェクトを利用してもよいです。

作業モード「編集・モード」で「ループカットとスライド」(LoopCut and Slide)を適用

「ループカットとスライド」(LoopCut and Slide)を行うには主に以下の2つの方法があります。

  • 「3DView・エディタ」の「ツール・シェルフ」の追加メニューから行う
  • ショートカットキー:「Ctrl+R」で行う(こちらが手軽でオススメ)

「3DView・エディタ」の「ツール・シェルフ」の追加メニューから行う

「編集・モード」にて「3DView・エディタ」の「ツール・シェルフ」の追加メニューから「ループカットとスライド」(LoopCut and slide)を選択します。

Step2-2「Blenderチュートリアル:ループカットとスライド(LoopCut and Slide)について」

そのまま、オブジェクトにカーソルを持っていくと「紫」色の分割線が表示されるので、

Step2-2「Blenderチュートリアル:ループカットとスライド(LoopCut and Slide)について」

mouse-left(マウス右ボタン)

を押して確定します。すると今度は「紫」色の線が「オレンジ」色の線に変わり、分割する部分をカーソルを動かすことで移動することができるようになります。

Step2-2「Blenderチュートリアル:ループカットとスライド(LoopCut and Slide)について」

任意の場所に移動させたら再度

mouse-left(マウス右ボタン)

で確定します。

Step2-2「Blenderチュートリアル:ループカットとスライド(LoopCut and Slide)について」

これでループカットとスライド(LoopCut and Slide)を用いたメッシュの分割ができました。

ショートカットキー:「Ctrl+R」で行う

同様のことをショートカットキー「Ctrl+R」で行うこともできます。「ループカットとスライド」(LoopCut and Slide)は頻繁に使うと思うのでショートカットキーを覚えていると便利です。(※「編集・モード」であることに注意)

Step2-2「Blenderチュートリアル:ループカットとスライド(LoopCut and Slide)について」

マウスホイールの回転や 「ツール・シェルフ」の「オリエンテーション・メニュー」による分割数の変更

また、分割線が「紫」色の状態で

mouse-middle(マウスホイールを前後に回転)

させると分割数を増減させることができます。

また、そのまま確定し、分割線が「オレンジ」色の状態に変わったら、「ツールシェルフ」の下部に表示される「ループカットとスライド」(LoopCut and Slide)の「オリエンテーション・メニュー」からも分割数などを変更することができます。

Step2-2「Blenderチュートリアル:ループカットとスライド(LoopCut and Slide)について」

※「オリエンテーションメニュー」とは、オブジェクトを追加したり、何らかの機能を施した初期状態の時のみに「ツールシェルフ」下部に表示されるメニューで、関連するプロパティなどの設定が行えます。

Sponsored Links

photo by: ghostcero

コメントを残す