blender ブレンダー チュートリアル

Step2-3「Blenderチュートリアル:ミラー・モディファイア(Mirror・Modifier)について」

ここでは、Step2-2「Blenderチュートリアル:ループカットとスライド(LoopCut and Slide)について」で触れた「ループカットとスライド」(LoopCut and Slide)と「ミラー・モディファイア」(Mirror・Modifier)を用いて左右対称のオブジェクトを作る方法を確認します。

作業の流れ

  • オブジェクト・モードでCube(立方体)オブジェクトを配置
  • 「ループカットとスライド」(LoopCut and Slide)でメッシュを分割、右半分を削除
  • 「ミラー・モディファイア」(Mirror・Modifier)を適用して右半分を複製する
  • 「ミラー・モディファイア」(Mirror・Modifier)の表示と非表示、適用
Sponsored Links

オブジェクト・モードでCube(立方体)オブジェクトを配置

作業モードを「オブジェクト・モード」で3Dカーソルを原点に置き(ない場合はShift+Cで原点へ移動できます)、「Infoエディタ」の追 加>メッシュ>立方体で追加するか、ショートカットキー「Shift+A」の追加メニューからCube(立方体)オブジェクトを追加します。

Step2-3「Blenderチュートリアル:ミラー・モディファイア(Mirror・Modifire)について」

※なお、Blender起動直後のシーンに配置されているCube(立方体)オブジェクトを利用してもよいです。

今回はオブジェクトに「ミラー・モディファイア」(Mirror・Modifier)を適用して、X軸を鏡面として左半分の形を右半分に複製し、左右対称のオブジェクトを作るのが目的です。そのことが分かりやすいよう、左側面の面のみを縮小して変形させておきます。

作業モードを「編集・モード」にし、選択モードを「辺(Edge)モード」にします。左側面の面を選択し「拡大縮小マニピュレータ」を選択するか、ショートカットキー:「S」で、選択した面を拡大縮小し変形させます。

Step2-3「Blenderチュートリアル:ミラー・モディファイア(Mirror・Modifire)について」

フロントViewはこんな感じです。

Step2-3「Blenderチュートリアル:ミラー・モディファイア(Mirror・Modifire)について」

 「ループカットとスライド」(LoopCut and Slide)でメッシュを分割、右半分を削除

続いて、「ループカットとスライド」(LoopCut and Slide)を用いて、オブジェクトのメッシュを中点(X軸=0)で分割し、右半分の頂点選択し、「X」キー(もしくは「Delete」キー)で削除します。

Step2-3「Blenderチュートリアル:ミラー・モディファイア(Mirror・Modifire)について」

「ループカットとスライド」(LoopCut and Slide)の際に、「紫」色の分割線が表示された状態で、カーソルを動かさずに右クリックを2回連続で押し確定すると、きれいにオブジェクトの中点でメッシュを分割できます。

このあとの「ミラー・モディファイア」(Mirror・Modifier)の適用は、X軸=0を鏡面として右側に左側のオブジェクトを複製するために行うので、鏡面の頂点の位置がX=0になるようにメッシュを分割する必要があります。

フロントViewはこんな感じです。

Step2-3「Blenderチュートリアル:ミラー・モディファイア(Mirror・Modifire)について」

「ミラー・モディファイア」(Mirror・Modifire)を適用して右半分を複製する

作業モードを「オブジェクト・モード」に戻し、オブジェクトを選択した状態にして、「プロパティ・エディタ」の「ヘッダ」から「モディファイア」(Modifier)を選択。

Step2-3「Blenderチュートリアル:ミラー・モディファイア(Mirror・Modifire)について」

「プロパティ・エディタ」の「モディファイア」を表示したら、「追加」メニューを開くと、用意されている様々なモディファイアが一覧に表示されます。その中の「生成」列にある「ミラー」を選択します。

Step2-3「Blenderチュートリアル:ミラー・モディファイア(Mirror・Modifire)について」

Step2-3「Blenderチュートリアル:ミラー・モディファイア(Mirror・Modifire)について」

「ミラー・モディファイア」(Mirror・Modifier)を追加して、フロントViewにするとこんな感じです。

Step2-3「Blenderチュートリアル:ミラー・モディファイア(Mirror・Modifire)について」

x=0を軸として、左側のメッシュが右側に複製され、左右対称のオブジェクトが出来上がりました。

「ミラー・モディファイア」(Mirror・Modifier)の表示と非表示、適用について

「ミラー・モディファイア」(Mirror・Modifier)の設定項目を見ると「瞳」アイコンがあります。このアイコンを有効・無効を切り替えることで、「3DView・エディタ」に表示させるか、非表示させるか選ぶことができます。(作業途中で一時的に非表示にしたいときなど知っておくと便利です。)

Step2-3「Blenderチュートリアル:ミラー・モディファイア(Mirror・Modifire)について」

また「適用」ボタンをクリックすると、鏡面として複製されたオブジェクトが実体化されます。実体化は作業の過程に応じて行う必要があるので、覚えておくと良いと思います。

※その他にもどの軸を元に複製するのかや、レンダリングや編集モードの表示設定など様々な設定項目ありますので、適時確認してみることをおすすめします。

Sponsored Links

photo by: ghostcero

コメントを残す