blender ブレンダー チュートリアル

Step2-4「Blenderチュートリアル:細分割曲面・モディファイア(Subdivision Surface・Modifier)について」

ここでは、Step2-1「Blenderチュートリアル:簡単なキャラクターモデル作成の流れ」で触れた「細分割曲面・モディファイア」(Subdivision Surface・Modifier)を用いて丸みを帯びたオブジェクトを作る方法を確認します。

作業の流れ

  • 作業モード「オブジェクト・モード」でCube(立方体)オブジェクトを配置
  • 「細分割曲面・モディファイア」(Subdivision Surface・Modifier)を適用
  • 「細分割曲面・モディファイア」(Subdivision Surface・Modifier)の表示と非表示、適用
  • 「ツール・シェルフ」の「シェーディング」項目による「スームーズ」と「フラット」の切り替え
Sponsored Links

作業モード「オブジェクト・モード」でCube(立方体)オブジェクトを配置

作業モードを「オブジェクト・モード」で3Dカーソルを原点に置き (ない場合はShift+Cで原点へ移動できます)、「Infoエディタ」の追 加>メッシュ>立方体で追加するか、ショートカットキー「Shift+A」の追加メニューからCube(立方体)オブジェクトを追加します。

Step2-4「Blenderチュートリアル:細分割曲面(Subdivision Surface・Modifier)について」

※なお、Blender起動直後のシーンに配置されているCube(立方体)オブジェクトを利用してもよいです。

「細分割曲面・モディファイア」(Subdivision Surface・Modifier)を適用

作業モードは「オブジェクト・モード」のまま、オブジェクトを選択した状態にして、「プロパティ・エディタ」の「ヘッダ」から「モディファイア」(Modifier)を選択。

Step2-4「Blenderチュートリアル:細分割曲面(Subdivision Surface・Modifier)について」

「プロパティ・エディタ」の「モディファイア」を表示したら、「追加」メニューを開くと、用意されている様々なモディファイアが一覧に表示されます。その中の「生成」列にある「細分割曲面・モディファイア」(Subdivision Surface・Modifier)を選択します。

Step2-4「Blenderチュートリアル:細分割曲面(Subdivision Surface・Modifier)について」

「細分割曲面・モディファイア」(Subdivision Surface・Modifier)の設定項目は、様々ありますが、細分化のの度合いは、細分化項目の「ビュー」と「レンダー」の値で設定できます。

Step2-4「Blenderチュートリアル:細分割曲面(Subdivision Surface・Modifier)について」

作例では3に設定。(ビューとレンダーの違いは、ビューは3DView上にリアルタイムに表示する精度であるのに対して、レンダーはレンダリング(撮影)時の精度を設定します)

Step2-4「Blenderチュートリアル:細分割曲面(Subdivision Surface・Modifier)について」

フロントViewはこんな感じです。

Step2-4「Blenderチュートリアル:細分割曲面(Subdivision Surface・Modifier)について」

これで、Cube(立方体)オブジェクトに「細分割曲面・モディファイア」(Subdivision Surface・Modifier)を用いて丸みをつけることができました。

「細分割曲面・モディファイア」(Subdivision Surface・Modifier)の表示と非表示、適用

「細分割曲面・モディファイア」(Subdivision Surface・Modifier)の設定項目を見ると「ミラー・モディファイア」(Mirror・Modifier)の時と同様に、「瞳」アイコンがあります。このアイコンを有効・無効を切り替え ることで、「3DView・エディタ」に表示させるか、非表示させるか選ぶことができます。(作業途中で一時的に非表示にしたいときなど知っておくと便利 です。)

Step2-4「Blenderチュートリアル:細分割曲面(Subdivision Surface・Modifier)について」

また「適用」ボタンをクリックすると、オブジェクトが実体化されます。実体化は作業の過程に応じて行う必要があるので、覚えておくと良いと思います。

※その他にも、レンダリングや編集モードの表示設定など様々な設定項目ありますので、適時確認してみることをおすすめします。

「ツール・シェルフ」の「シェーディング」項目による「スームーズ」と「フラット」の切り替え

上記の作例である程度、Cube(立方体)オブジェクトは丸みを帯びた形に変わりましたが、表面をよくみるとカクカクとしているのが分かります。

これを疑似的にですが、更に滑らかに見えるようにする方法があります。それが「ツール・シェルフ」にある「シェーディング」項目の「スムーズ」と「フラット」の切り替えです。

Step2-4「Blenderチュートリアル:細分割曲面(Subdivision Surface・Modifier)について」

初期状態では「フラット」が選択されており、「スムーズ」を選択することで、メッシュの形状の変化に合わせて陰影をグラデーションさせ、よりな滑らかな表現ができるようになります。

Step2-4「Blenderチュートリアル:細分割曲面(Subdivision Surface・Modifier)について」

Sponsored Links

photo by: ghostcero

コメントを残す