blender ブレンダー チュートリアル

Step1-20「Blenderチュートリアル:オブジェクトの表示モード(3DViewのシェーディング)の切り替えについて」

ここでは、オブジェクトの「3DView・エディタ」上の表示モード(Viewport Shading)の切り替えについて触れます。何やら難しそうな感じがしますが、基本的な作業工程で使用する表示モードは限られているので、基本的な表示モードについて理解して、作業に応じて切り替えができれば、充分だと思います。

作業の流れ

  • オブジェクトの表示モード(シェーディング)の種類について
  • オブジェクトの表示モード(シェーディング)の切り替え方法について
Sponsored Links

オブジェクトの表示モード(シェーディング)の種類について

オブジェクトの表示モード(シェーディング)の種類はいくつかあり、代表的なのは下記の5つです。

  1. レンダー(Rendered)
  2. テクスチャ(Texture)
  3. ソリッド(Solid)
  4. ワイヤーフレーム(Wire Frame)
  5. バウンディングボックス(Bounding Box)

(※但し、レンダリングエンジン「Cycles」を使用したときには表示項目が追加されるようです)

オブジェクトの表示モード(シェーディング)の切り替え方法について

オブジェクトの表示モード(シェーディング)の切り替えは、「3DView・エディタ」のヘッダにある「3DViewのシェーディング」メニューから切り替えることができます。

Step1-20「Blenderチュートリアル:オブジェクトの表示モード(3DViewのシェーディング)の切り替え」

レンダー(Rendered)

オブジェクトの表示モード(3DViewのシェーディング)を「レンダー」(Render)にすると、レンダリング時(撮影時)の状態が表示されます。なのでこの表示モードで動作させると作業環境によっては、重くなるので注意が必要です。

Step1-20「Blenderチュートリアル:オブジェクトの表示モード(3DViewのシェーディング)の切り替え」

※上記の作例ではマテリアルの色(ディフィーズ)をオレンジ色に設定しています。

テクスチャ(Texture)

オブジェクトの表示モード(3DViewのシェーディング)を「テクスチャ」(Texture)にすると、あらかじめUV展開し、「編集・モード」で選択したメッシュに「UV/Image・エディタ」上で画像を読み込み表示させている場合に、「3DView・エディタ」のオブジェクトにテクスチャが張られた状態で表示されます。

Step1-20「Blenderチュートリアル:オブジェクトの表示モード(3DViewのシェーディング)の切り替え」

またランプなど光がある場合、陰影も反映されます。なお、ショートカットキー:「Alt」キー + 「Z」キーで「ソリッド」(Solid)の表示状態と切り替えることができます。

ソリッド(Solid)

初期設定で既定されているオブジェクトの表示モード。オブジェクトの表示モード(3DViewのシェーディング)をこの「ソリッド」(Solid)にすると、メッシュの設定(マテリアルの反射や拡散など)がランプなどの光の影響を受けて、基本的な陰影を確認できるように表示されます。

Step1-20「Blenderチュートリアル:オブジェクトの表示モード(3DViewのシェーディング)の切り替え」

Blenderの初期画面で既定されている表示モードなので、お馴染みですね。

ワイヤーフレーム(Wire Frame)

オブジェクトの表示モード(3DViewのシェーディング)を「ワイヤーフレーム」(Wire Frame)にすると、ワイヤーフレーム(線のみ)で表示されます。

Step1-20「Blenderチュートリアル:オブジェクトの表示モード(3DViewのシェーディング)の切り替え」

輪郭線などをチェックしたり、オブジェクトの位置関係などを把握する時に便利です。なお、ショートカットキー:「Z」で「ソリッド」(Solid)の表示状態と切り替えることができます。

バウンディングボックス(Bounding Box)

オブジェクトの表示モード(3DViewのシェーディング)を「バウンディングボックス」(Bounding Box)にすると、オブジェクトを形成する「バウンディングボックス」で表示されます。

Step1-20「Blenderチュートリアル:オブジェクトの表示モード(3DViewのシェーディング)の切り替え」

(※この項目についてはネットや関連書籍をあたってみましたが、初心者のせいか、いまいち納得のいく理解が得られませんでした。どのようなときに利用するとメリットがあるのでしょうか。御存じの方はご指摘していただけるとありがたいです。)

Sponsored Links

photo by: ghostcero

コメントを残す